筑波大学付属中学に合格する勉強法

苦手分野をなくそう
受験勉強をする時間が1年以上ある場合には、苦手分野を把握してください。筑波大学附属中学校の受験では、簡単な問題を間違うと合格できなくなってしまいます。他の受験生はレベルの易しい問題は確実に得点します。簡単な問題を点数に結び付けたうえで難しい問題を解けた受験生が合格するのです。苦手な分野を持ったまま筑波大学附属中学校の受験本番を迎えてしまうと、他の受験生ができる問題を落としてしまうことになります。そのような事態にならないように、なるべく早めに苦手分野をつぶしましょう。
定期テストの振り返りをしてから問題集に取り組もう
まずは、これまでに学校で受けた定期テストの結果を振り返ることから始めます。学校のテストは基本的な問題が出題されますので、点数が伸びない分野は苦手なジャンルだと分かります。点数が取れない箇所が分かったら、量の少ない問題集を用意します。簡単なレベルの問題が掲載されている問題集がおすすめです。難しい問題集に手を出してしまうと、さらに苦手になってしまう恐れがあるからです。あくまでも基本的な問題を解ける力を身に付けていきます。正解か不正解かを気にするよりも、答えを導くまでの過程が間違えていないかを確認しましょう。この苦手分野の克服を繰り返したあとは、筑波大学附属中学校の過去問に挑戦してください。

受験攻略情報を探すならこちらのサイトをご利用下さい。筑波大学附属中学校の受験攻略情報集めにはぴったりです。

試験科目が多彩でユニークが特徴

まずは受験の傾向をつかむ
筑波大学附属中学校は、国語や算数といった基本科目は基本問題はなく応用問題が多いです。しかも、公式を変形させたり、論述で回答するなど暗記や公式だけでは簡単には解けないことが特徴です。赤本などを通じて傾向をつかんで苦手なところを補強していく取り組みが重要です。時間との戦いになりますので、家庭でも緊張感をもって解答をすることがポイントです。答えを導き出すだけのプロセスが長いので、途中でミスすることはもちろん許されないですし、早い時間で完了させることが重要です。
時間配分が難儀
普通は、1科目で時間が割り当てられますが筑波大学附属中学校では、社会と算数で50分といった全く異なる科目が組み合わされています。時間配分を過去問を通してあらかじめ決めておく必要があります。また、各科目の出題数が少ないことになりますので苦手科目を作らないことがポイントです。
音楽や体育の攻略は生活から
音楽や体育は机上での勉強では対応できないので、普段の日常生活で楽器や音楽の聞き取りや運動が重要になります。筑波大学附属中学校の受験では先生とのコミュニケーションがありますので、礼儀正しく元気よく対応する必要がありますし、指示を的確に実行することも訓練しなければなりません
参考サイト